MINI F54クラブマンを20万kmまで走らせる!そのメンテナンス記録です。

MINI F54クラブマン過走行の記録

コーディング パーツ購入

F54 クラブマン Apple CarPlay WiFiアンテナの設置

更新日:

Apple CarPlayの続編です。

先日、コーディングで有効になったApple CarPlayですが、実はWiFiアンテナが私のF54には付いておらず、かなり電波状況の悪い状態でしばらく使っていました。

アンテナは1本しか立っていません。

CarPlayはオプションですが、コーディングで有効にすることが出来ます。

しかし、オプションを選択していない車には当然、WiFiアンテナが接続されていません。

アンテナがなくてもわずかに漏れている電波をつかむことで使用することは可能です。

その場合は、iPhoneをカップホルダーとエンジンスタートのトグルスイッチの間辺りに置いておくと、何とか電波を拾うので使用は出来ます。

ですが、そこから動かすと圏外になって使用出来ず、非常に使い勝手が悪いです。

まずはWiFiアンテナを購入する必要がありますが、BMW用と共通部品で、500円程度で購入できます。

私はいつものAliexpressで購入しました。

$3.35です。

amazonや楽天では残念ながら販売していません。

ebayでも売ってます。

ebayかAliexpressで購入するしかありませんので、もしどうしても欲しいという方はご連絡ください。

WiFiアンテナ自体は非常に安くていいのですが、問題は取付です。

ナビ回りを取り外す必要がありますが、F56とF54では、構造が微妙に違っていて、ネットで検索をしても前例が出てきません。

結論から言うと、自分ではできませんでした。一応チャレンジしたのですが、ナビ周りを外すことが出来ませんでした。

途中までしか出来ず、最後はこのショップでお願いしました。

RED LINE

住所: 〒470-0162 愛知県愛知郡東郷町大字春木字新池3915-8

このショップでは、過去にも同様の施工をしたことがあるので、電話で依頼をした時も非常の話が早くて助かりました。

以前に紹介したこちらのショップでは、WiFiアンテナのみの取付は38000円!と言われました。

アンテナ自体はは500円もしないんですけどね、、、、。

今回、RED LINEさんに伺って、作業も見学させていただきましたが、非常に丁寧な作業でものの40分程度で終わりました。

F54のナビ回りの取り外しの場合、ダッシュボードの化粧パネルを取り外すことから始まります。

このパネルはナビの左右にありますが、何箇所かの爪で留まっているだけですので、傷が付かないよう養生してから、プラスチックの内装外しで少しづつ外していきます。

この写真でどの位置に爪があるかはわかると思います。

この化粧パネルですが、いろんなカッティングシートを貼っている人も結構いるので、そのうち自分でカスタマイズしてみようと思います。

パネルの次はエアコンの吹き出し口を外します。

F56の場合は、エアコンの吹き出し口の横でセパレートしていますので、外す必要はありません。

F54の場合はナビ回りのパネルがエアコンの吹き出し口の後ろまで回り込んでいますので、吹き出し口を外す必要があります。

この吹き出し口、サービスマニュアルでは専用工具が必要と書かれていますが、無しでも外すことが可能です。

外した吹き出し口を見てもらうと分かりますが、上下2か所ずつのクリップで留まっているだけですので、少しずつヘラでやることで外せます。

ここまで来たら、メインのナビです。

その前に、リングを左に回して外します。

次にナビの下側に2か所あるビスを外しておきます。

T15です。(トルクスドライバー必須)

次にダッシュボードのエアコンの吹き出し口を外します。

先日ステッカーを貼るときに外したので、ここは簡単に外せます。

外した後、マイナスドライバーなどで、クリップを1箇所外してから、ナビを引っ張って外します。

ここにマイナスドライバーを突っ込んで外します。ここが一番難しいです。

私は自分で外そうとしたときに、このクリップの部分を折ってしまっていたようです。

外したナビの裏側を見てみると、あるはずのクリップがありません。(泣)

幸いにもこの部分がなくてもナビ自体は固定できますので、このままにしておきます。

これでWiFiアンテナが接続できます。

WiFiアンテナはここに接続します。

W-LANという刻印がされていますので、間違えることはないかと思います。

アンテナはどこに貼るかというと、隙間に入れるだけでいいようです。

確かに、車内空間なんてしれていますから、アンテナはどこにあっても構いません。

この時点で、接続確認をします。

見事、バリ3です!

確認後、WiFiアンテナを隙間に入れたら、外した順番と反対に嵌めていきます。

ここまで40分ほどですが、初めて施工する車種ということで、慎重にやってもらいましたので、要領が分かれば、30分もかからないでしょう。

RED LINEさん、ありがとうございました!

RED LINEさんはとても気さくで感じの良い方で、親切丁寧に施工して頂けました!

電装品の取り付けなら、オススメします!

これで、Apple CarPlayが完全に使用できる状態となりました。

今回のWiFiアンテナの取付工賃は15000円でした。

Apple CarPlay導入にかかった総費用です。

・OBD2 ENETケーブル 約600円

・コーディング費用 約7700円

・WiFiアンテナ 約500円

・WiFiアンテナ取付施工 15000円

合計:23800円

WiFiアンテナ施工は何とか自分でできると思うので、最低限なら8800円で可能です!

皆さんもApple CarPlayは興味があるかと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

不明な点がありましたらお答えしますので、問い合わせの方から質問してください。

-コーディング, パーツ購入

Copyright© MINI F54クラブマン過走行の記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.