MINI F54クラブマンを20万kmまで走らせる!そのメンテナンス記録です。

MINI F54クラブマン過走行の記録

メンテナンス 故障

F54 クラブマン ブレーキランプの球切れ LEDに交換!

更新日:

ここのところ、ずっとエラー表示がされっ放しなのですが、これにもずいぶん慣れてきました。

今のところ、「ブレーキシステム」「車両を固定する」「ブレーキ液」「法定点検」「フロントブレーキパッド」の5つだったのですが、先日、また違うエラー表示が!

F54 ブレーキライト異常

先日走っているとスピードメーター下のディスプレイに見慣れぬエラーが。。。

左ブレーキライト異常!

一瞬出てすぐに消えたのですが、2日もするといつものエラー表示の中に仲間入りしていました。

これはそのまま、左のブレーキライトが切れているエラー内容です。

F54の場合は、停車中にクラブドアを開くと、ブレーキライトが点灯しますので、さっそく降りて確認しました。

やはり左が切れています。

10万キロを境にいろいろ故障が出てきましたね。。。

F54 クラブマンのブレーキランプ交換

これは自分で出来る作業です。

F54のブレーキライトはリアバンパーに埋め込まれていますので、これを外さなくては交換できません。

ブレーキライト下側にある、牽引用かと思っていた丸い蓋を外します。下側に三角の印がありますので、そこを指で強く押すと外れます。

外すと中にねじが見えますので、これを緩めます。※このねじは外れませんので、緩めるだけです。

非常に分かりにくいのですが、ビスがこの穴の奥にありますので、これを緩める必要があります。

スマホのフラッシュなどで穴の奥を照らしてみると、ビスの位置が分かります。

このビスをある程度緩めると、ランプユニットが手前に外れます。

配線コネクターを外してもいいですが、このままで作業は出来ます。

※撮影のため外しました。

せっかく交換するのであれあ、LEDタイプのものに交換しようと思います。

調べてみると、このランプが適合しているようです。

LEDにするとフラッシングで警告が出るので、キャンセラー内蔵バルブなどもあるようですが、その辺りはコーディングで回避しようと思います。

当然、その方が安く済みますから。

これを購入しました。

amazonで安く買えました。

バルブから電球部分だけを外します。

両側の爪で引っかかっているので、マイナスドライバーなどでゆっくり拡げて外します。

この時、バルブのどちら向きに電球が付いていたかを確認してください。

方向性があるようですので、LEDランプを取り付ける際は同じ方向に取り付けてください。

外す前に、電球とバルブ側にマジックで印をしておくといいと思います。

電球の端子部分を確認しますと、形状が異なっているのが分かります。

バルブをケース内に戻す際に、最初に付けておいた印の通りに戻しましょう。

金具部分を入れるヘコみを間違えないように。間際らしので気をつけてください。

私は印を付けなかったため、反対に取り付けてしまい、点灯せず焦りました。

LEDランプは取り付けて終わりではありません。

LEDランプに交換すると、球切れチェックを無効にするコーディングが必要になります。

これをしないと、フラッシングと言われる、瞬間的に点滅し続けてしまいます。

交換後、やはりフラッシングしています。

時々瞬間的に光ります。

球切れの確認がフラッシングになるようです。

久しぶりにBimmerCodeを使います。

【BDC】の中に、ブレーキライトのチェック項目があります。

*ブレーキライト・ウォームチェックを【無効】に変更。

*ブレーキライト・コールドチェックを【無効】に変更。

*ブレーキライト・ランプを【LED】に変更。

これでフラッシングもしなくなります。

これは左だけ交換した動画ですが、やはり左の方が点くのがわずかに速いです。光量も違いますね。

LEDランプに変更したことで、ブレーキランプの寿命がかなり伸びたと思います。

次はウィンカーなどのLEDランプ化もやろうかと画策中です。

-メンテナンス, 故障

Copyright© MINI F54クラブマン過走行の記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.